KLOKA

 

KLOKA(クローカ)は東京を拠点に、グラフィックデザイン、店舗デザイン、ディスプレイ、広告、ミュージックビデオ、プロダクトなど、様々なジャンルを企画からデザイン、制作まで手がけるクリエイティブスタジオです。

「デザイナーの頭に浮かんだ発想を高い純度を保ったまま、形にする」ということを大切にするため、社内には町工場のようなアトリエが併設され、デザイナー自らが手を動かしては、日々そこから新しいクリエイションが産み出されています。

近年では食にまつわる作品を数多く発表しており、チョコレートで出来た惑星をその場で削る「The Chocolate Cosmos by KLOKA」や体験型のテーマパークのような「カップケーキファクトリー」、からくり人形がチョコレートを届けてくれる「the SMALL UTOPIA」などのユニークなフードアートが注目を集めています。

他にも、KLOKAで開発したからくり人形の「OMOTENASHI人形」を使った企画も注目を集めており、可愛い衣装を身に纏い、品を運んでお喋りをしてくれる姿は大変愛らしいです。


2017年は、宇宙ミュージアムtenQにて「木星の衛星エウロパ」をテーマにした展示を発表しました。同年7月には、宇宙と生命の進化をテーマに江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム」の演出とアートディレクションを担当するなど、アカデミックな分野とアートを交差させるクリエイションも得意としています。
2018年は、阪急百貨店うめだ本店全館のクリスマス演出を担当した「Christmas forever!」では、キーヴィジュアル、ウインドウディスプレイをはじめ、ユニークなクリスマスマーケットの演出とフード出店が大きな話題を呼びました。
2019年は、銀座三越でのバレンタインイベント「the SMALL UTOPIA」に始まり、レストラン「PASTA MERCATO」のアートディレクションおよび内装制作では、様々なジャンルで高いクリエイションを誇るKLOKAならではの仕上がりになりました。

株式会社クローカ

代表取締役/クリエイティブディレクター:高橋 晃

(武蔵野美術大学空間演出デザイン学科非常勤講師)

 

アートディレクター:矢島 沙夜子
デザイナー:八木 百合子/杉山 龍太

​テクニカルディレクター:入山 きらら

プロダクションマネージャー:加藤 美紀

所在地:〒106-0031 東京都港区西麻布1-8-6 杉下ビルB1F

事業内容:アートディレクション/商業施設、住宅等の企画、設計、施工/イベント企画、運営/家具什器製作/グラフィックデザイン/映像制作/ブランドコンサルティング/商品開発 など

お問い合わせ先:03-6804-3672   メールでのお問い合わせはこちらから

© 2020 KLOKA co., ltd. all rights reserved

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon